熊本市の風俗体験談 (口コミ)|口コミ風俗情報局

熊本(376)
熊本の駅・スポット
く:熊本(182)
ち:中央街(239)
熊本の市区町村
あ:あさぎり町(1)
あ:芦北町(6)
あ:天草市(4)
あ:荒尾市(8)
い:五木村(4)
う:植木町(2)
う:宇城市(57)
う:宇土市(62)
お:大津町(15)
か:嘉島町(52)
き:菊池市(28)
き:菊陽町(60)
き:玉東町(44)
く:球磨村(7)
く:熊本市(306)
こ:甲佐町(44)
こ:合志市(55)
さ:相良村(2)
し:城南町(2)
た:玉名市(46)
つ:津奈木町(1)
と:富合町(2)
な:南関町(9)
に:錦町(2)
に:西原村(14)
ひ:氷川町(8)
ひ:人吉市(7)
ま:益城町(57)
み:美里町(31)
み:水上村(3)
み:水俣市(5)
み:御船町(45)
や:八代市(21)
や:山江村(5)
や:山鹿市(25)
や:山都町(2)
れ:苓北町(1)
熊本市の風俗体験談 (口コミ)
ユーザー様からご投稿いただいた風俗体験談(口コミ)の一覧です。新着順に表示されています。
このページの説明
■アイコンの説明
運営スタッフが選んだ読者評価も情報価値も高い口コミにつくマークです。
総合満足度
☆5
投稿者が感じたそのお店に対しての満足度です。
写真信用度
☆5
投稿者が感じたそのお店の女性の写真信用度です。
応援コメントこの口コミへ送られた応援コメントの件数です。
全〇〇文字
口コミ体験談の投稿文の全文字数です。
■注意事項
※風俗体験談(口コミ)は、星の数だけで判断しないで下さい。
※評価の基準が辛口の人もいれば、甘口の人もいます。星の数だけでは、本当の評価がわかりません。
※内容もよく読んだ上で、各店の良し悪しの参考にご活用ください。
カピ45(197)
Angel Kiss(エンジェルキッス)本店[中央街] セクキャバ
総合満足度
☆5
写真信用度
☆3
応援コメント:32件
A嬢 ですのでビールをちびりちびりと飲んでいると、指名したAちゃんが現れました。 席に着くころには、気分よく酔いはじめた加減でした。 「こんばんは」 んっ、思ったほどリアクションがありません。こういう時、男って大げさなくらい喜んでくれると嬉しいですよね。ひょっとしてシツコイ奴がまた来たか、位に思われちゃったかな…と思いながら、ソコは酔い始めているのでストレートに言葉に出して言ってしまいました。 「んっ、なんだかあまり驚いた感じがしないね」 「うん。だって、『明日も来るよ』って言ってくれたから、必ず来てくれと待っていたから」 うううーーー、そう来たか! コレは自分でも全く予想していませんでした。ハデなリアクションをとられる数倍、いや数十倍嬉しかったです。 「そっかー、いやあー、へへへ」 相当ニヤけたスケベおやじになっていた事だと思います(笑) じゃあAちゃんが計算づくでそんな事を言うかといえば、実は彼女。あまりお世辞とかを言うタイプでありません。 ですので、なおの事嬉しかったのです。 「じゃっ、ほらほら、ココに乗って」 素直に、前だっこの姿勢になってくれます。そのままムギュウーーとして、熱いキス。 エロよりも、(勝手に)愛を感じた口づけでした! オッパイをはだけさせるのも忘れて、熱心にその日の昼間に回った事などをおしゃべりしました。 サスガに地元の子ですから、打てば響くように話が通じます。 でもココはセクキャバです。盛り上がっている途中なのに呼ばれてしまいました(涙) 「大丈夫、また来るから」 そう言って去ってゆく彼女の姿を、しょんぼりさびしく見送るのでした。 B嬢 「こんば…」 そう言いかけて現れたのは、マサカのB嬢でした。そうです、昨日2度目の来店の時、指名のヘルプとみるや自ら席を立って行ったアノ嬢です。 「あの…」 私がそう言いかけるかかけないかの内に、 「ごめんなさい、また来ちゃって」 「いや、そんな事は」 たしかにちょいお姉さんですしぽっちゃり気味ではありますが、話し上手でサービスも良く決して嫌いなタイプではありません。ですが、 「今度から入口で私の事、指名拒否にしてくださいね。じゃあ」 そう言って、コチラの返事も待たずにとっとと去って行ったのでした。何がソコマデ彼女の機嫌を損ねたのでしょうか…サッパリワケワカンネ(涙) G嬢 呆然としていると、次の嬢が現れました。 「こんばんは、はじめまして」 店フォーマットの手書きで源氏名を書いた名刺をバックから出してくれます。 んっ、この名前、見覚えあるような。そうです、直近のメルマガで新人として紹介されていた嬢でした。 「あれっ、新人さんだよね」 「そうなんです、入ったばかりなんです。前に乗ってもよろしいですか?」 んっ、新人にしてはヤケに慣れています(笑) よくよく話を聞けば、この店では「新人」ですが、どうも他で経験があるようです。それであれば、遠慮はいりません(笑) 正面に見据えた彼女に顔を近づけると、向こうから抱きしめてきてヌルヌルと舌を絡ませてのディープキッスを繰り出してきました。 その一方で、キャミソールをはだけさすと、プロフィールどおり、いやそれ以上の美巨乳が姿を現しました。 とっても柔らかく、やや垂れ気味になるほどの大きさです。手のひらで重量を確かめるようにボヨンボヨンさせて、その感触を楽しみます。 すると嬢も心得たもので、この店としては珍しく、密着させた腰のあたりをグルグリと動かしてきます。 当然愚息はピンコ勃ちしていますから、彼女のアソコの刺激はなんとも悩ましいものです(笑) ムラムラしながら、キス・オッパイ揉み・簡易スマタ?の三重奏を夢中で楽しんでいると、またしてセクキャバの宿命で呼ばれてしまいました。 うーん、Aちゃんと出会っていなければ、必ず彼女を指名したであろうという逸材でした! ふたたびのA嬢 「おまたせ、戻って来たよ」 屈託のない笑顔で現れたAちゃん。 さっきまでエロスの魅力に取りつかれてニヤけっぱなしだったのですが、はっと取り直してモードを切り替えます。 そうです、昨晩出会ったばかりですが、彼女にはもうエッチなサービスをしてもらわなくてもイイのです。 横に座ってもらい、手を握りしめながらさっき中断した話の続きで盛り上がります。 途中、ふとビールに口を付けると、 「私ものど乾いちゃった。飲み物頼んでもいい?」 イイも悪いも、この店は嬢の飲み物は無料です。ただ、昨日頼もうと思ったら、忙しかったのかついぞ出て来ませんでしたが。 ですが、この日はチャンと出て来ました。 ほおっ、嬢の飲み物は客よりも小さいグラスで出てくるのですね。短い時間で回転するセクキャバならではの配慮ですね。 「じゃあ、かんぱーい」 どちらからともなくそう声が上がり、カチンとグラスを重ねます。 地元の食べ物屋、観光地情報なども教えてもらいながら、それはそれは美味しいお酒でした。 この時は、店がそれほど混んでいなかったのか、残りの時間はズットAちゃんが付いてきてくれました。 このままいつまでもこの時間が続かないかと切に願うほどの楽しい時間でしたが、それも永遠に続く訳ではありません。どうやら時間が来てしまったようです。店員がやってきて延長をすすめられます。 このままAちゃんと一緒に過ごしたい、切にそう願いましたが、翌日も早朝から予定を詰め込んでしまっていました。断腸の思いで断りました。 Aちゃんはそれを咎めるでもなく、でも寂しそうな表情を浮かべています。 「ごめん。そんな訳で(翌日の予定は話していたので)もう帰るよ」 「うん、何回も指名してくれてありがとうね」 「次に熊本に来られるのはだいぶ先だと思うけれども、その時にまだ店にいたら必ず来るからね」 「うん、忘れないよ」 手を握って出口まで見送られます。 「じゃあ…」 そう言って別れようとすると、 「待って」 「んっ?」 そばには店員もいるのに、立ったまま引き寄せられてお別れのキスをしてくれました。 ああっ、このまま熊本に住みたい… 廊下の明るい照明でAちゃんの姿を脳裏に焼き付け、一生懸命手を振る彼女とお別れしたのでした。
全3,210文字
投稿日:2016/11/29
続きを読む
カピ45(197)
サンシャイン[中央街] ソープランド
総合満足度
☆5
写真信用度
☆3
応援コメント:50件
エレベータで対面し、ソコからは二人っきりです。 「こんばんは、覚えていますか」 「もちろんですよ」 あー、良かった。私にとっては崇め奉る方ですが、アチラにしてみれば大勢の中からごくたまにしか来ない客です。でも覚えていてくれて本当に嬉しいです。 ピッタリと身を寄せて、エレベータの中で軽くキス。ギュッと手を引かれて部屋に入ります。浴槽には、お湯が注がれているところでした。 ベッドに腰かける私の前に回って、 「ようこそお越しくださいました」 と、キッチリ三つ指ついてのご挨拶から、戦いの火ぶたは切って落とされました。 流れるように華麗に衣服を脱がせて行き、それらはキチンと畳まれてしまわれます。その間も絶え間なく会話は続き、軽いボディタッチもされてきます。 「今日は、お任せしますのでよろしくお願いします」 「えっ、そうなんですか、がんばります」 ニコッと笑って顔が近づくと、目をつぶって「んー」とキスのオネダリです。まあ熟女なのですが、そういった仕種のひとつひとつまでもが洗練されているので、カワイラシク感じてしまいます。 むちゅううーと濃厚なベロキスをいただきます。彼女からも生き物のように舌が唇から侵入してきますが、その間も服を脱がす手はチャンと動いているのはサスガです。 あっというまに腰にタオル一枚にされてしまうと、彼女は立膝のまま背中を向けてきて、 「ねえ、脱がせて」 とおねだりされます。熟女なのに、そんな仕種もカワイラシク感じられます。背中のファスナーを下ろし、ブラジャーのホックを外すと、まるでそれがスイッチだったかのように、ベッドに押し倒されるようにもつれ込みます。 ソコからは、口を、舌を、指を、体全体をも使った濃厚な責め技が繰り出されます。 ただただ仰向けになっているだけですが、彼女に任せておけばもう安心です。ちょっとした反応を示してしまうと、そこをグイグイと重点的に責め上げてきます。 そして愚息に達すると、それはそれは熟練のフェラです。どうやったらコンナ口や舌の動きが出来るのだろうと、身もだえしながらも唸らせられるレベルです。 「うっ、ううっ」 恥ずかしいですが、声を上げてしまいます。でもイイんんです。彼女の前であれば、なにもかもさらけ出してもいい。そんな安心感を与えてくれる方だからです。 いつのまにか自らパンティーもむしりとっていて、私の上にのしかかってきます。 「ほおら、こんなに固くなっちゃって」 私の愚息を手でスリスリしたかと思えば、そっとアソコに導いて入口に押し当てます。 「ねえ、欲しいの」 そう言って、愚息が◯て行きます。「熊本流」ですから、当然ノーガードです。 「ああっん、すごい」 そう言ってくれますが、スゴイのはアナタの方です。なにしろ、騎乗位の腰の遣い方がハンパでないのです。大きくストロークを取って○し○れしたかと思えば、自らもっとも◯に導いて、女体の◯の当たる部分を感じさせてくれたりと。 でも決して一方的な責めかと言えばそうでもなく、目の前の乳首をチョコチョコッとすると、 「あーん、イジワル」 なんて、カワイク悶えてくれもします。ますます興奮して、こちらからも腰を◯き◯げます。 でも、結局はこのレジェンドの手のひらで踊らされているだけなのですよね。部屋に入ってまだ時間もそれほどでないのに、シカモ体位も変えていないのに、あっという間に絶頂が訪れます。 「あっあっあっ、ソンナにされちゃったらもうイッちゃうよ」 「あん、あん、来てえ」 たちまち○で発射してしまいます。その瞬間、より一層激しい腰の動きをみせ、自ら腰をガンガン打ちつけるように何度も押し当ててきます。 「あああーーー」 私も絶叫してしまいました。いつまでドクドクと出ているのが分かります。それをキュッキュと◯め◯げて、最後の一滴まで絞り出そうとしてくれるのです。彼女の手に掛かれば、緩急自在に◯る事が出来るのです(笑) 「ふうー」 そうとしか言いようがありません。 この店のスタイル(系列店共通だと思います)ならではの、「即即」での一発目。でも、何度となく通っている私には、これが序盤も序盤だという事が分かっています。 後始末をしてもらい、湯船へと案内されます。この時、こちらを気遣って声を掛け、さりげなく両手で導いてくれるあたりはサスガとしか言いようがありません。 会話もそれはそれは見事なものです。ともすればボヤッとしてしまいそうな私を、上手に盛り立ててくれます。 手を休めず支度をしてくれていますが、準備が整って椅子に座ります。泡立てたボディーソープを体に擦り付けて、本格的な泡踊りです。そうなんです、一発発射して賢者モードに入ろうとしても、ゼンブおかませでリードしてくれるのがこの系列共通の良い所です。 泡を流してもらうと、本格的なプレイスタートです。ぼんやり椅子に座っている私の手を取って、自らのアソコに導いてくれます。そうです、今となってはソープでホトンド経験する事のない「壺洗い」という技です。 手の指、一本一本を順々にマ○コに入れてくれるのです。シカモ両手の全ての指! ココまでは、この系列以外でも体験した事があります。でもこっからが凄いのです!この系列では、壺洗い足指バージョンがデフォなのです! すっと片方の脚を持ち上げると、足の親指を押し付けるのです。 あっ、入った! 何とも不思議な感触に包まれますが、それをキュッキュと自在に締めるのは熟練の技としか言いようがありません。 そして、身を低く構えてくれます。 えっ、えっ、えっ、 彼女を指名して何度も通っていますが、これはタブン、日本中でこの方しか出来ないであろう超絶技巧、私の足指が彼女の体内に包まれたまま、フェラをするのです。 皆さま、想像してくださいませ。足の先がアソコに押し当てられたまま、口が愚息に届くのかどうかと! 手技、口技を併用され、一度発射してクタッとしていた愚息にだんだんと血液が流れ込むのが感じられます。 でも、実は昨日も某店でシッカリ抜かれてきたばかりですので(笑)、易々とはイきませんでした。 そのまま、マットプレーへとなりました。 この店(タブンこの系列だけ)のマットは、空気を入れる波型のものではありません。体育館のマットのような、平たくて身の詰まったものです。ソコにローションが塗り広げられ、私の体の上でこの尊敬してやまない彼女のリスト(作曲家)の超絶技巧曲が奏でられます。 ややぽっちゃりの彼女ですが、体の重さなど微塵も感じさせない軽やかな動き、いや、そのふくよかな体を最大限に生かし、更には熟女特有の脂の乗った肌が実に心地よいのです! こういう瞬間、店・嬢選びの時に、ルックスや年齢にどうしてものコダワリがある方は残念だと思います。そこさえクリアできれば、この低価格で最大級のサービスを受けられるのですから。 完全回復させられた愚息を、自ら導いて上から◯になります。 パン、パン、パン 先ほどは瞬殺されましたが、今度はこれもか、という絶妙な腰の動き。 しまいには、騎乗位で◯がったままア○ルに指を侵入させてきます。 もうヒーヒー悲鳴に近い歓喜の歌を叫ばずにはいられません。 「ああっ、気持ちいい」 彼女も一緒になって身もだえしてくれます。合間にはキスキスキスの嵐。 ところが、荒淫の果てですので、大きくなりっぱなしの愚息ではあるのですが、本日二度目の波はナカナカやってきません。 痺れを切らせた嬢は、一旦体を離して添い寝の体勢になり、口と手でイかそうとしてくれます。 そのモノスゴイ事と言ったら、それはそれは。お互いの体はローションまみれですが、そのすべてを使ったプレイだと言っても過言ではありません。 グチョグチョグチィ ピチャピチャピチャ ジュルジュルジュル そんな擬音が脳裏に響き渡ります。愚息を包む手の持ち方だけでも、タブン3とおり位あったのではないでしょうか(笑) 特にフェラからア○ル責めの体勢に入った時などは、これでもかと身をかがめてくれるので、嬢の前髪がローションまみれになった程です。ところが、 プルルー 部屋のコールが鳴ってしまいました。 嬢の手技が加速します。ああっ、イきたい。でも体が追いつきません。 彼女のプロ根性が、何としてもイかせようと頑張ってくれますが、その間、何度もコールが鳴り響きます。 やがて手を休めると、 「本当にごめんなさい。時間が足らなくて…」 「いやいや、こちらこそごめんね」 元気な状態だったら、おそらく瞬殺されていたでしょう。でもこの時ばかり二発目不発でも大満足でした。だって、これだけ長い時間、このレジェンドの全身全霊を込めた技の限りを長時間受けられたのですから! ローションを流してもらい、体を拭いてもらって着衣するあいだも、ため息しか出ません。 いやあ、凄かった! 最後に彼女にお金を渡して、部屋を出ます。その時にそっとハンドバックから櫛を出して、前髪を整えていました。そうです、超絶マットの時に付いてしまったローションをシャワーで洗い流していましたが、その濡れ髪を整えていたのです。髪が濡れるのを厭わずドレダケ彼女が目一杯のサービスをしてくれたのかがお分かりになるかと思います。 そんな仕草がとても愛おしく、エレベーターの中で力強く抱きしめて最後のキスを交わしたのでした。 名残惜しくお別れすると、この店ならではの、店員の口頭による感想聴取があります。(人呼んで「ヒーローインタビュー」(笑)) その時、特に咎めたてるでもなく、時間超過をしていた事を告げられました。ふと時計を見ると、チョットどころではないカナリの超過でした。たしかに、やけにコールが鳴っていました…。 でもソコを頑張ってくれたレジェンド、許してくれた店に最大限の感謝でした。 フラフラと中央街のソープを通り抜けますが、そこかしこから声が掛かるのも上の空です。 いやあ、凄かった! 小学生並みの感想ですが、ソンナ言葉しか思い浮かばない、至高のプレーでした。 ですがこの後も、悪い虫が…(笑) つづく
全5,433文字
投稿日:2016/11/24
続きを読む
カピ45(197)
Angel Kiss(エンジェルキッス)本店[中央街] セクキャバ
総合満足度
☆4
写真信用度
☆3
応援コメント:29件
A嬢 「こんばんは~、アレッ」 薄暗く、BGMがガンガンかかる店内ですが、私の顔を覗き込むようにして気がついてくれました。 「やっ、お久しぶり」 酒も入っていますし、おどけて挨拶します。 「も~、さっき来たばかりでしょう。でも会えてうれしい」 と、ギュウッと抱き付いてきて熱烈キッスです。 どなたでもそうだろうと思いますが、ああっ指名して良かったと思える瞬間ですね(笑) ですが…席に着いてものの数分で交代の呼び出しです。 「えっ、早くない?」 「大丈夫、ちゃんと帰ってくるから」 会えた喜びと、お別れの寂しさがいっぺんにやって来てしまいました。 その間、ビールをゴクリ(ビア7) B嬢 「あれっ、さっきもお会いしましたよね」 「へへへ、そうだね」 B嬢も、スグに気がつきました。 接客上手のチョットぽっちゃりさん。見た目の好みはありますが、決して嫌いなタイプではありません。 さあ、膝の上に乗ろうよと身構えたら、 「でも、せっかくご指名で来ているのに私じゃイヤですよね」 「えっ?えっ?えっ?」 「誰か替わってくれるように言って来ます」 身をひるがえして席を立ってしまいました。いや、全然OKだったのに、そんな勝手に塩対応しなくても…(涙) E嬢 「はじめましてえ」 おっ、今度は明るい子で良かった。すぐに前抱っこになってキスしてくれます。ビールグラスが空になっているのを見つけ、スグに注文してくれます。 「お酒お好きなんですか?」 「うん、もうだいぶ飲んだんだけどもね。大好き」 「私もお酒頼んでもいい?」 「頼みな頼みな」 この店は嬢のドリンク無料ですから、全く問題あいりません。でも店内がバタ付いているようで、嬢と二人して何度も「すみません、すみません」と店員に声を掛けますが、気がついてもらえません。 そのうちに、呼ばれてしまいました。 「ごめんね、一緒に飲めなくて」 「ううん、ありがとうございました」 別れ際までもニッコリ笑顔で癒されました。(ビア8) ふたたびのA嬢 席に着くなり、空のビールグラスに気が付き注文してくれました。 「ラーメン食べに行ったんじゃなかったの」 「もう食べたよ。でもチャンと歯を磨いてきたからね」 「うん、気にならないよ」 と何度もチュッチュとしてくれます。 自然にしなだれかかって来てくれるので、馴れ馴れしく方に手を回します。でもイイのです。ココはセクキャバですから。 キャミの上からオッパイをモミモミし、そっと太ももに手を置きますが、払われたりはしません。 おしゃべりが盛り上がったところで、またも声がかかりました。 遅い時間なのに混んでいるのですね。せわしないなあ。 F嬢 今日、いったいビール何杯飲んだろう…。良い気分と同様にいい加減だいぶ酔っ払ってきました。(それ故、Fちゃんの外見は良く覚えていません、スミマセン) 席に着くなり名刺をくれて(この店は、全員手書きの小さいカードをくれます)、前にまたがってくれます。 並々と満たされたビールグラスを目にして、 「お兄さん、お酒好きなんだ」 「うん、この店は次々出してくれるからイイよね」 「私も頼んでもいい?」 「構わないけど、さっきも頼んでも来てくれなかったよ。そうだ、ビールで良ければ口付けていないからそれ飲んじゃってよ」 A嬢とはおしゃべりとイチャに夢中で(笑)ビールを飲んでいるヒマがなかったのです。 「わー、ありがとう。暑くてのど乾いてたの」 器用に背を反らして、サイドテーブルの上のビールグラスを取ってゴクリと飲みます。 「おいしい?」 「うん、とっても」 ココでスケベおやじがムクムクと起こってしまいました。 「じゃあ、お兄さんにも頂戴よ」 「えっ?」 「ほらほら、飲ませて」 嬢が察してくれて、目いっぱいビールを口に含むと、そのままディープキッス。そうです、「口移しビール」をしてくれたのです。 あっ、甘い! ビールが甘露へと変わった瞬間でした。酔っ払っているとはいえ、よくまあそんな大胆なお願いをしたものです(笑)当然ながら、人生初体験の出来事でした。(たぶん、ビア9) 同じ事を2、3回してもらって悦に入っていましたが、呼ばれて席を立ってゆきました。 みたびのA嬢 今度も前にはまたがってきてくれますが、オッパイは出さずコチラもそれを求めず、おしゃべりを楽しみます。まあ、F嬢との口移しビールでメチャクチャ満ち足りていたというのもあるかもしれません(笑) 酒の勢いもあってか、ずいぶんと打ち解けて突っ込んだ話まで及びました。楽しく盛り上がっている時間はあっという間です。 店員がやってきて延長の確認に来ますが、いいかげん12時を回っています。酒も飲みすぎです。 彼女をだっこしたまま、断腸の思いで帰る宣言をします。Aちゃんもそれを察してくれて、あえて引き留めません。本当にイイ子だなあ。 今日二度目の出口まで見送りを受け、夜の熊本の街へと消えて行ったのでした。
全3,193文字
投稿日:2016/10/26
続きを読む
カピ45(197)
Angel Kiss(エンジェルキッス)本店[中央街] セクキャバ
総合満足度
☆5
応援コメント:38件
A嬢 「こんばんは~、初めまして」 チョイお姉さんかなあという気もしましたが、落ち着いて話しやすい嬢でした。 まず手描きの小さい名刺を貰って、名前を確認します。最初にシッカリと覚えて、チャンと名前で呼びかければ好感度上がりますものね(笑) ソファーに並んで座って、 「この店、良く来るんですか?」 「いや、東京から来ているんだよ」 なんて当たり障りのない会話を交わし、軽くチュッチュさせてくれます。コノ嬢はアタリだと一瞬で確信していると勝手にドンドンシャツのボタンを外してきました。んっ、コノ子何をする気だ? すると、あっという間に前ボタンを外して肌着を捲り上げて、イキナリの乳首舐めを繰出してきたのです。コレがナカナカ上手なのです。 コチラからも負けじとオッパイを揉むと、チャンと自分からキャミを下げて胸を露出させてくれました。 (この店の嬢、皆ブラジャーを着けていませんでした) キスと胸舐めを交互に繰り出し、ジリジリと追い込まれるようでした。先ほどソープで大満足したばかりなのに(笑) 良い所で呼ばれてしまって、席を立ちます。 会話も雰囲気も好きなタイプだったので、 「また会いたいな」 「うん」 そう言ってお別れでした。 B嬢 「お待たせしました」 愛想よく、登場です。インターバルでビールを干したので(ビア3)、空のグラスを目ざとく見つけて注文してくれます。 見た目はそれ程好みではありませんが、ずいぶんソツなく会話を繰出して来るので聞いてしまったら、昼職も接客業、この店でも結構長く勤めているとあって納得です。 そしてぽっちゃりという事は、オッパイが大きい事でもあります!前だっこの姿勢になり、柔らかくモミモミモミしながら、ヤハリこの子も濃厚に舌を絡めてキスしてきます。 とはいえ、トークも楽しいので、キスもしたいしジレンマです。 シッカリ楽しませてもらいました。その時はこの子は良い子だなあと思いましたが、続きがありました。それはまた次の機会に紹介します。 C嬢 「こんばんは」 今日一番の美人さんでした。少し物憂げな雰囲気を醸し出していて、あまり水商売にいなさそうな感じでした。 言葉少なげに、じいっと色っぽい視線を投げかけてきます。 するとおもむろにシャツを捲り上げ、パクッっと乳首に吸い付いてきます。 それもハードなガツガツ系でなく、舌と唇を十分に活かしたネットリ系です。イキナリ核心を責めずに、周囲からジリジリと責める熟練さ加減をも持ち合わせています。 数々の乳首舐めの上手な嬢に巡り会っていますが、彼女は間違いなく五指に入る練達の技を持っていました。 時間内、ホトンド会話も交わさず、コチラから向うの体に触りもせず、ただアウアウ言って乳首を舐め続けられていたのした。 コールで呼ばれても、前をはだけさせたまま茫然としてしまいました。落ち着かせるために、ビールを一気に飲みました(ビア4) A嬢 「来たよー」 明るくお茶目に、最初の嬢がまた来てくれました。前置きはもう不要です。イキナリ前だっこの体勢になり、DKの嵐です。 ウーン、本当にこの子と相性がいいなあ、とっても楽しい! そう思っていると、お約束の時間終了を告げに店員がやってきます。 「ご延長はいかがですか?」 「この子ならするする」 「ありがとうございます、それではこちらで5000円お願いします」 前抱っこさせたまま(笑)ゴソゴソと財布を出して、現金で支払います。 おじゃま虫も去ったので、騒々しい店内ですが後は彼女とイチャイチャ楽しく過ごします。 キスや胸舐めも上手なのですが、セクキャバの宿命で仲良くなるとサービスよりもトークが楽しくなってしまいます(笑) でも呼ばれちゃいました(涙)次のインターバルの間、先ほども利用した店内後方のトイレを借ります。接客中にトイレ借りる事って珍しいですが、ビールばかり飲んでいますものね。 出たら嬢と鉢合わせたので、スタッフと共用のトイレのようです。 D嬢 申し訳ないのですが、特徴を正直良く覚えていません(-_-;) 若くてソコソコ可愛い嬢で、チャンとオッパイも触らせてくれたのですが、大分酒がまわってきていたのだと思います。 ただお酒が好きだと言うので、嬢の分のドリンクを頼んだのですがナカナカ出て来ませんでした。そのうちに呼ばれてしまいました。 私だけ飲んでいて何だか申し訳なかったです(ビア5) A嬢 「ただいまー」 本日3度目ともなりますと、大分打ち解けてきました。それでもトークだけで終わらそうとせずに、自らキャミソールの胸をはだけさせてオッパイをアピールし、キスも沢山してくれました。 「ねえ、明日も出勤する?」 「するする」 「熊本には2泊しかできないけれども、明日も会いたいなあ」 そんな会話を交わすまでになっていました。 延長セットは、大分このA嬢がお相手してくれたような気がしましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎ去るものです。やがて店員に呼ばれてしまいました。 サスガに延長を断り、もったいないので残りのビールをグイッと干してゆきます。(ビア6) 店の入り口まで送ってもらい、再会を約してキスしてお別れしたのでした。
全3,630文字
投稿日:2016/10/16
続きを読む
No Photo
ppp(9)
エアポート別館[中央街] ソープランド
総合満足度
☆5
応援コメント:1件
部屋に通され丁寧に脱がされます。 服もたたんでくれます。 最初、ある程度会話をして、即尺してくれます。その流れて背面騎乗位になり、溜まっていたせいもあり、発射してしまいました。 少し、休憩して会話をしているとお風呂のお湯を溜めてくるとのこと。その中でもずっと会話をしながらです。少し回復してきたところで、風呂の椅子に座ります。このお店の特徴らしいですが背もたれがついてリラックスできます。そこで、あそこを洗ってもらいます。洗った後お風呂に入ります。そこで、歯を磨いてとのこと。磨いてしばらくしたら、全身を洗うため、もう一度椅子へ、全身洗ったのちローションでいろんなところ舐めていただきます。最後に、あそこを元気にさせてバックて◯てと催促されその椅子の体勢で◯して発射しました。 発射したあとは軽く流してお風呂で待ってました。 お風呂は常に気にかけてもらい、温度も丁度いいです。そしてマットの準備をしてくれます。そのマットもこの店の特徴で、エアーではなく、スポンジマットで気持ちいいです。マットに移動して、そこでローションでまた全身くまなく舐めてもらいます。終わったのでお風呂に入ると思ったのですが、そのままベットに促され、正常位で○てと催促されそのまま発射しました。もう一度いけるとも思いましたが、そろそろ時間とのことで、ローションを落としていると時間とのことで服を着て店を出ました。
全816文字
投稿日:2016/08/25
続きを読む
No Photo
ネオグローバル♪(95)
シャトーロマン[中央街] ソープランド
総合満足度
☆4
写真信用度
☆4
応援コメント:6件
5分少々で ご案内に。黒の薄手ワンピースで丁寧な面会、赤色の階段を一緒に3Fへ移動です。 部屋は狭くもなく、広くもなくって感じでした。一通り揃ってます。ちゃんとした挨拶を交わした後脱がされました♪ パンツまで、しっかり畳んでくれます。(笑) 股間にタオルを置かれ座って待機。お姉さんはセルフでスッポンポンに。色白 普通体型 だんだんカワイク見えてきました!おっぱいサイズはC~Dくらい乳首が起ってます。そして何故か即尺を! まだ洗ってなんだけど~☆(笑) ジュポジュポ、音をたてるので、愚息も、たてました♪ ビンビンになったトコロでスケベイスに誘導されて洗体へ。黄門サマまで優しく洗ってくれます。(笑) 湯舟に移動し、足を伸ばして気持ち良かたい!お姉さんはマットプレイを提案。 もちろん快諾♪準備を見守ります。 ゴムの有無を聴かれたので、どっちでも良かったけど装着を指定しました。 まずは、うつ伏せに。暖か目のローションを背中に垂らされ密着され(^з^)-☆キスの嵐♪その後、仰向けで(^з^)-☆キスの嵐♪(笑)こちらも負けじと、お姉さんの全身を撫でまわします! 装着されて、お姉さんの主導で騎乗位◯♪熱が伝わります!抱きついてきて耳元でハァーハァ-言うからボルテージ高まります! お姉さんのリズムが遅くなったので、出番がキター!っと思い、こちらから◯き◯げました!喘ぎ声のボリュームがUPしてるので頑張りました♪キツク抱き締めあいながら昇天しました。イッテるの解ってたけど、しばらく◯き◯げ続けました♪(笑) 疲れたので抱き合ったまま放心状態。再びチューを楽しみました。 お風呂→拭いてもらう→着替え→名刺頂く→フロントに電話→移動→お別れ。お店を出たら雨は、あがってました。ココロも体もスッキリです。
全1,267文字
投稿日:2016/06/05
続きを読む
よさお(26)
ウイング[熊本・中央街] ソープランド
総合満足度
☆3
写真信用度
☆4
応援コメント:3件
ご対面後、特に手をつなぐでもなく、話しながら部屋へといざなわれます。 シックな色合いの木目調の部屋、なぜかマッサージチェアまであります。 楽しく会話しながら、お互いセルフ脱衣。 セーラー服を脱いだ姫は、やや細身の身体に、やわらかそうなバスト(Dくらい)という、なかなかのスタイル。 なお、自分の衣服は自分でハンガーにかけます。 マットとベッドどちらにしますか?との問いに、迷わずベッドを選択。北国生まれの私ですが、生まれながらに寒冷地装備が欠如しているので、この時期のマットは死活問題なのです。 シャワーで軽く洗体してもらい、湯船につかりながら歯磨き。 姫は・・・あれ?一緒にお風呂に入る素振りを見せず、ひとりせっせと自分の身体を洗っています。 「あ、これが素人っぽいサービスなのよね、そういうコンセプトなのよね」と一人で納得して、姫の洗体を眺めます。 姫の準備ができたところを見計らって、風呂から上がり、自分で(笑)体を拭いてベッドへ。 受け派であることを高らかに宣言し、ベッドに横たわります。 姫の乳首舐めからの、まとわりつくようなF。思わず声が出てしまいます。素人っぽさを謳っているにもかからわず、かなりのテクニック。 それとも、私の知らない間に、素人のテクニックはここまで進歩しているのでしょうか。 5分くらいFしていただいた後、エントリープラグにATフィールドを展開。 姫に上になってもらったまま◯◯◯◯◯です。 かなりの◯まりでかなり気持ちいい。しかも姫ちっちゃいから◯まで届く感じです。 ほどなく、正上位に変更。 姫もたっぷり感じつつ、かわいらしく「チュッ」としてくれます(キスはこの1回だけだったなぁ)。 そのかわいらしさにぐっと来てしまい、たまっていたこともあって我慢できずに、そのままやわらかい姫の身体を抱きしめつつ、熱いパトスを迸らせました。 ここでお茶をいただいて、休憩タイム。 十分時間はあったはずなのだけど、方言女子と会話するのが楽しくて、あれやこれや話しているうちに、なんとお時間に。 再度身体を流して、自分で服を着て退出、そのまま特に何もなく退店しました。
全1,864文字
投稿日:2015/12/10
続きを読む
No Photo
あと5年(19)
RAO(ラオウ)[熊本・中央街] ソープランド
総合満足度
☆3
写真信用度
☆4
応援コメント:3件
スリッパを脱ぎ、個室に入ると、ゆったりした作りでした。 ベッドに腰掛け、しばしおしゃべりをします。 写真では落ち着いた雰囲気でしたが、実際に会ってみると明るく話が弾みます。 飲み物を聞かれ、冷たいお茶をお願いすると、冷蔵庫から取出して缶のまま出されます。 アシスト付きで脱衣の後、嬢の脱衣をお手伝いしますが、その際、手術の痕があるけど気にしないでと一言ありました。 洗い場に移動して、イスにて標準的な洗い方で洗ってもらった後、湯船にて歯磨き&混浴します。 対面する形でしたが、潜望鏡はありませんでした。 温まったところで、マットかベッドか尋ねられたので、マットをお願いしました。 私がマット好きなので、嬢のプロフィールにマットが得意と書いてあるのも指名の理由の一つです。 自らマットが得意という通り、年齢の割に上手で、嬢曰く「ネットの動画で勉強した」というプレイもあり、満足できるものでした。 また、途中で冷えないようにマットの下にお湯を出しっぱなしにしたシャワーを入れるといった、細かな気遣いもあります。 マット上で騎乗位にて一回戦となりますが、頃合いを見て中断。 ローションを流した後、ベッドへ。 改めて動きの巧みな騎乗位から正常位にてフィニッシュ。 時間までおしゃべりして終了です。
全1,517文字
投稿日:2015/12/06
続きを読む
よさお(26)
シャングリラ[中央街] ソープランド
総合満足度
☆4
多少ぽっちゃりしてても全く問題ないのでございます。 ただ、自分が思っている以上にお酒が回っていた模様で・・・。 お酒はいると目も悪くなるんですかね?あんまり顔みれなかったような(笑 楽しく会話しつつ、入浴して歯磨き。 マットとベッドどっちがいい?との問いに「どっちが得意ー?」と尋ねたら「マット」との答え。 マットを選択し、ぬるぬるの快楽に身を任せます。 ぽっちゃりなのでやわらくてきもちいい~。 しばらくして仰向けに。 一通りマットを満喫したのち、ATフィールドを展開してエントリープラグをコンバイン。 ・・・が、前述のとおりお酒が予想以上に回っており、〇折れするという展開に。 お酒の力ってすごいですね。 かつ、俺のエントリープラグの海綿体、もうすこし頑張れよ、と。 「これじゃだめだねー手で行くよー」と、しっかり抜いてくれようとする姫、ありがとう、そしてごめんなさい。 それでもなかなか厳しそうだったので、キスをせがむと、「私、タバコ臭いと思うけどいいのー?」といいつつ、リクエストに応えてくれました。 そんなこんなでどうにか熱いパトスを放出。 洗ってもらい、ささっと着替えて退店です。 帰りみち、ホテルまでの道に迷ってしまい、1時間くらい徘徊してしまったのは内緒なんだぜ。
全941文字
投稿日:2015/08/23
続きを読む
nognog(89)
エアポート本館[中央街] ソープランド
総合満足度
☆3
ここは即即→浴室での洗い→椅子プレイ→マットが基本の流れみたいです。 会話しながら脱がせてもらうと跪くかたちで挨拶代わりのフェラからスタート。ぽっちゃりなのでビジュアル的には今ひとつですし、フェラは上手い方ではないとは思いますが、大きくなってきました。 ベッドに押し倒されるように案内されて1回戦目がスタートです。ここでは女の子が上になって全てお任せ状態です。体重をかけないよう巧みにやってくれるのでよかったです。この辺はソープならではの技ですね。 即即の後始末をして少し飲物を飲んだら洗い場の椅子に案内されます。ここの椅子は「スケベ椅子」ではなく背もたれの付いたものです。一通り石けんで洗ってもらうと、タワシ洗いや胸を使ってのセクシーなものに移ります。 気持ちよくなってきたところで女の子が大きなお尻を突き出してきました。椅子の高さが程良い高さなのでバックでそのままできるようになっています。なるほど~王様のような気分ですよね。ビジュアル的にも興奮させられます。彼女の声が大きくなったところで発射。これで2回戦です。 出し終わったところでお風呂に案内されます。なかなか気持ちいいのですが、インターバルとしては短かったです。 ラストはマットになります。 でもプレイが始まるとあまり気持ちよくないです。舌を使った舐め技の繰り返しで単調なんです。上手な子ですと絶えず男性自身を刺激しながら手や足、胸や陰毛を巧みに使って気持ちよくさせてくれるのですが、全然それがありません。舌技だけの単調なマットで時間が過ぎるだけでした。当然ながら気持ちよくはなく不発に終わり、マットは残念な結果に終わりました。 最後に飲食店をいくつか紹介してもらい、お別れとなりました。
全2,221文字
投稿日:2014/03/16
続きを読む
No Photo
荒川のぷーたん(21)
ウイング[熊本・中央街] ソープランド
総合満足度
☆1
写真信用度
☆2
部屋は新しめで、テレビや冷蔵庫があり、ラブホのような感じでした。 少し話をして、脱いでシャワーへ。洗ってもらって浴槽につかる普通の流れでした。 熊本なら・・・即即を期待してましたが、やっぱり安いとこじゃダメですね。 その間姫はマットの準備。「どうぞ~」と呼ばれてうつ伏せからスタート。 うん、まあまあですが、マットではやらずにあっさり終わってしまいました。 ローションを流すためにまた浴槽に入ると、今度は姫も入ってきて、潜望鏡だな!と思いましたが、ただ混浴しただけで何のふれあいもありませんでした。 この辺からアレッ?と思い始めます笑 体をふいてベッドに腰掛け、お茶をもらってしばし、姫から「横になって~」とお誘いがあったので仰向けになりました。 乳首舐めからフェラ~ときますが、2分もしないうちにゴソゴソとGを取り出す姫。 「早すぎるだろ!」と思いましたが、攻守交代のときに弄ればいいやと思って、そのまま受け入れます。 いよいよ攻守交代となり、おっぱいをモミモミしますが、この姫様子がおかしい。乳首に触れただけで大絶叫。のた打ち回るかのようにベッドで暴れ狂ってます。洋物よりすごい。 呆気にとられながらも「乳首舐めていい?」と聞いて頷いたので舐めにいこうとしますが、姫はボクサーのように両手を胸の前に置いてるため舐めれません。鉄壁のガードです。こいつ舐めさせる気が全くありません。 仕方ないアソコに向かおうと一瞬、姫から手を放しましたが、こっちが触ってない状態でもギャーギャー騒いでて言葉が出ませんでした。 どうやら真正の○を相手にしてしまったようです。 人が来るんじゃないかと思うくらい騒ぐんでヒヤヒヤしました。 不気味になってきたんでこのままやらずに出ようかとも思いましたが、そこは男の性で目の前にマンコがあれば◯なきゃいけない。半分萎えてしまったチンコを◯て、◯部分だけを見てどうにかイケました。 当然時間はかなり余り、後は適当に話してさっさと店を後にしました・・・。
全1,638文字
投稿日:2013/09/08
続きを読む
No Photo
ヨジェ(5)
Club Moet(クラブモエ)[熊本発・近郊] デリヘル
総合満足度
☆2
写真信用度
☆2
一緒にお風呂にはいろうとするのですが、笑いながら拒否され、後から行くからといわれ、先に風呂へ。ただしばらく待っても全く来ないので先にあがりました(歯磨きをしていたよう?)。ベットで待っていると風呂からあがってきました。 いざプレイとなりキスをしようとすると顔をそむけられ、全くしてくれません。その後はしようとすると必ず顔をそむけます。プレイ中タオルで顔を隠してしまい、顔を見ることができませんでした。 まずは、女の子を攻めて、かなり感じていました。感度はよく攻めてて楽しかったです。 攻守交替で今度は女の子の方から攻めてくれましたが、なかなか息子を舐めてくれず、ずっと手。舐めてくれるように言うと、舐めてくれましたが、息子に痛みが…痛いことを伝えると、「え、何、イッた?」痛いっていったことを伝えると、「なんだ痛いか、イッたっていったかと思った」と淡々と言います。痛かったことを伝えると「歯とか立たてないし、舐めても痛い、手でしても痛い、どうしたらいいと?」と若干逆ギレのように言われました。こっちは攻めてるつもりはなくて、ただ痛かったので事実を伝えたまでなのに…テンションは下がりまくり。その後は手でしてくれましたが、一向にイクことができず、痛くなったので途中でやめてもらいました。
全1,186文字
投稿日:2012/05/31
続きを読む
[!]このページについて報告
このページの先頭へ
ページの先頭へ
スクロールします