口コミ(体験談)|シェイク

王冠マークについて

口コミ風俗体験談

満足度や女の子の評価、サービス内容は投稿者の主観であり、特定のサービスを保障するものではありません。体験談の内容どおりのサービスを強要しないようにお願いいたします。
料金(実際に支払った総額)
60分 9980円+ホテル代が必要
C(オールヌード)コース60分9980円:入会金、写真指名料は店のクーポン利用で0円
このお店の利用回数
初めて
受付からプレイ開始までの流れ
【店のHPで、抜群の手コキ・テクを発見】

昨年暮れから、松戸駅(千葉県)周辺の店を重点的に探索・利用しています。

当サイトで店を検索するうちに、松戸shakeを見つけました。ここは、今回の体験談の対象となる店の姉妹店です。
店のHPを確認すると、キャストがディルド(男性器を模したおもちゃ)を使って手コキをする動画が、たくさん載っていました。もちろん、キャストの顔は見えません。

ランダムに動画を見ていくと、あるキャストの動画に目が止まりました。
その手捌きから、気持ち良さそうな感じが、ひしひしと伝わってきます。

・初めの内は、サワサワと竿や玉袋をフェザータッチ。
・そのうち、裏筋を、ツツーと指を滑らして刺激。
・カリの周りをサワサワ。
・裏筋の上端、亀頭との境目(一番感じるところ)を刺激。
・外尿道口辺りを指でなでなで。これは、出てきた我慢汁を、塗り広げるところでしょう。
・竿を逆手で軽く握り、上下させる。まさに、shakeです。

男性のオナニーには、人それぞれに好みのやり方があるのかもしれませんが、上記のようなやり方は、多くの人が気持ちよさそうだと思う方法ではないでしょうか。
これは、相当の手コキ・テクの持ち主だと、直感しました。

他のキャストのも見ましたが、やたらゴシゴシやったり、亀頭を掌で包み込むようにしてグリグリしたり、あまり気持ち良いようには見えません。上記のキャストのテクには、遠く及ばないような気がしました。
※あくまで動画を見た感想であって、実際どうなのかは分かりません。

あのキャストの技を、是非とも実地に味わってみたくなりました。
ところが! そのキャストがいるのは、新宿shakeと書いてあります。
よく見ると、松戸店のページなのに、動画のほとんどは、新宿店所属のキャストのものでした。


【新宿店と松戸店の違い】

HPを確認すると、同じ系列店なのに、新宿と松戸では、プレイ内容等がかなり違います。
一番大きな違いは、新宿店にはオールヌードコース(Cコース)がありますが、松戸は上半身裸のみで、全裸はありません。

にもかかわらず、価格は全般的に、松戸店の方が高めです。

上記の違いはさておき、これはもう、ハイテク・キャストのいる新宿店に行くしかありません。


【ネットで予約】

店のHPによれば、電話予約は前日の20時から、ネット予約は前々日から可能です。

某天国サイトのネット予約機能を使って、前々日の朝に予約を入れ、お店の営業時間になってからチャットで若干やり取りをして、あのハイテク・キャスト(以下、Aさんと呼びます)が予約確定となりました。

ところで、これまでの体験談を見ると、プレイ時間はほとんど20または30分です。
よく言う、「サクッと抜く」というやつでしょう。
手コキ専門店は、そういう性格が強いと思われます。

私はあまり慌ただしいのは好きではないし、キャストとの会話なども楽しみたいので、60分コースにします。

また、上記某サイトの「見ました」機能を使って、何日か前から、Aさんのページで「見ました」を押しておきました。
Aさんはこれをちゃんと見ており、会話の中でそれが分かって、お礼を言われました。


【当日、受付所へ】

お店のHPには、受付所への行き方や地図が掲載されており、それを参考にして、迷うことなく受付所に行くことが出来ました。経路は単純なので、まず迷うことはありません。

初めての利用なので、男性スタッフが、注意事項を説明します。
また、近隣のレンタルルームを紹介してくれ、地図と割引券をくれました。


【レンタルルームへ】

レンタルルームは、受付所から2~3分のところにありました。

私は、これまでラブホテルばかりで、レンタルルームを使うのは、今回が初めてです。
部屋に入った瞬間、「狭い!」と感じました。シャワールームも狭い。
全体で、畳2畳くらいでしょう。
その代わり、費用は90分2,000円と安いです。(店から貰った割引券で500円が引かれた価格)

お店に電話して、部屋番号を伝えます。
お相手の女性
■見た目年齢:20歳代前半。
■容貌:なかなかの美人。目が大きい。
■肢体:中肉中背。腹は出ていない。
■肌:白く美しい。
■胸:巨乳。若さからか、形がよく、弾力に富む。
■尻:形がよく綺麗。
■秘所:Vはナチュラル。下のお触りなしのため、詳細は確認できず。
■人柄:最初のうちはクールで、やや事務的な感じを受けたが、打ち解けてくると、会話も弾み、きっちりサービスしてくれた。
今回の写真プロフィール信用度
 … 写真以上じゃん! サイコ~!
プレイ内容
☆これは「神の手」か! 嬢の超絶技巧に羽化登仙の気分☆

【初めての対面:ちょっと怖い子?】

ドアをノックする音がして、Aさんを招き入れます。
Aさんが、私の方に鋭い視線を向けます。

内心、《これは、ちょっと固い雰囲気の子かな》と感じます。

南:「オジサンなんで、驚いた?」
A:「いいえ、お客さんにはオジサン多いよ~」

ベッドに腰掛けて、会話しようとすると、

A:「まず、手を洗って~」
南:「おお、そうだね」
そういえば、店のHPに、コロナ対策として、「手洗いとうがいを、女の子と一緒にしてもらいます」と書いてありました。

A:「次は、うがいね~」
と、紙コップにイソジン液を入れて差し出します。

狭いベッドに、並んで座り、しばらく会話します。
私は、お店のHPにあるAさんの手コキの動画を見、そのテクのすばらしさに動かされて、今日来たことなどを話します。

徐々に打ち解けてきて、Aさんは足を私の足に擦り付けたりしてきます。


【プレイ開始】

しばらくして、お互い下着だけ(Aさんはブラとショーツ、私はパンツ)になり、Aさんが私の後ろに回り込みます。
会話を続けながら、Aさんはパンツの上から、ムスコをスリスリします。
ムスコは喜び、元気付きます。

そのうち、Aさんは私のパンツに出来たシミを目敏く見つけ、

A:「ここに何かあるよ~」
南:「我慢汁だよ、知っているくせに」
A:「じゃあ、パンツも脱ごうか。私も脱ぐから」

私は、素早くパンツを脱ぐと、私の前に立ったAさんのブラを外し、ショーツを下げて脱がせます。

Aさんに断った上で、おっぱいを揉みます。
手に余るぐらい大きく、しかも、若さゆえか、ゴムまりの様に弾力があります。素晴らしい揉み心地です。

ただし、乳首を弄ったり摘まんだりすることはしませんでした。
手コキ店は、客側から攻める要素は薄いと思ったからです。
ちなみに、キャストへの乳首舐めは有料オプション(3,000円)です。


【Aさんの超絶技巧】

さて、私がベッドに腰掛けて両足を広げ、Aさんは跪いて私に対面する体勢になりました。
そして、冒頭に紹介した動画にあるような手コキ技を繰り出してきます。
途中で、ローションを振り掛けて、続行します。

Aさんは、「ここは感じる?」などと確認しながら進めます。
また、時々、上目遣いで私を見つめます。
これは、AVでフェラをしながら男を見上げる女優の目とそっくりで、凄く色っぽい目つきです。

また、ベッドの向かい側の壁面は鏡になっており、しゃがんだAさんの形の良いお尻が、肩越しに見えて、良い眺めです。

Aさんの手捌きはすごく気持ちがよく、徐々に波が近づいてきます。

南:「そろそろ逝きそう」
A:「まだダメ!」
南:「はあ」
A:「じゃあ、ベッドに横になろうか」

ベッドにAさんと向き合って横になります。ほとんど密着しています。
Aさんは手コキを続行します。
この間、Aさんの顔は直ぐ目の前にあって、妖艶な目で、私の目を見つめます。

南:「今度は逝きそう」
A:「まだまだ」
と言って、Aさんは手を止めます。しばらく間を空けて、手コキを再開します。

今度は、私が何も言わないのに、ふと手を止めます。
南:「アッ、また、手を、止めたな」(かすれ声)
A:「フフ」
いわゆる寸止め・焦らしです。これが何回か繰り返されました。
これって、オナニーでもやる手ですね。

A:「さっきから、体がピクピクしてるね」
南:「そろそろ、逝きたいよ」
A:「じゃあ、逝こうか」
Aさんの手の動きが加速します。

焦らされに焦らされたせいか、射精時の快感は、半端なものではありません。体全体を、快感が突き抜けるようです。
南:「チョー 気持ちいいよ!」
まさに、羽化登仙とはこのことか、と思わせる快感です。

Aさんは、なお手を動かし続けます。まだ、快感は続きます。
しばらくしてから、Aさんの手が止まりました。

南:「フ~、凄く気持ち良かった! こんなの初めて」

Aさんは、ティッシュで、私の体に付着した、精液とローションの混合物を拭き取ってくれます。
その後、Aさんが手を洗ってから、私がシャワーを使いました。
ここのシャワー室、と言うか、シャワーブースは、とても二人で入る広さはありません。


【コミュニケーション】

その後は、Aさんと色々話します。
その間も、Aさんは後ろから私にくっついて手を回したり、イチャイチャしてくれます。
ただ、デリではないので、私からはAさんの肌をスリスリするくらいに止めます。

タイムリミットが来ので、Aさんは名刺にメッセージを書き込んで、私にくれます。次回の本指名料(1,000円)が、500円引きになります。


【別れ】

互いに服を着て、退出の準備です。
ドアを開ける前に、Aさんは私にキスしてくれました。
エレベーターで地上階に出たところで、私が先に駅の方に向かいました。Aさんは手を振って見送ってくれました。
今回の総評
歌舞伎町に「ゴッドハンド」(神の手)、いえ、女性なので、「ゴッデスハンド」を見た、いえ、感じた!・・・などと言ったら大袈裟でしょうか。

しかし、それくらいのインパクトはありました。
お店のHP動画を見ての私の勘は外れていませんでしたが、その気持ちの良さは、予測をはるかに超えるものでした。

その快感は、中逝きや、フェラと比べても、決して遜色はなく、後は、それを行う人の技量によって差が出るように感じました。

それと、もう一つ。
私は日頃、自分にはMの要素はゼロだと思っています。
しかし、今回Aさんの前では、W男になってしまったような気がします。
Aさんも、この店に来る客のほとんどはM男だ、と言っていました。
今回の満足度
 … サイコ~! 通っちゃう!
このお店の良いところ
・神の手の持ち主がいる。
・ネット予約が手軽にできる。
・コスパが良い。
このお店の改善してほしいところ
この店には特にありませんが、出来れば松戸店も、オールヌードコースなど、新宿店と同じラインナップにしてほしいです。
この口コミへの応援コメント(28件中、最新3件)
応援コメントを送る