初めての恋(3) - サトナカの風俗コラム

風俗コラム『初めての恋(3)』
風俗コラム
投稿者サトナカ
投稿日2018年11月18日
『初めての恋(3)』
ご飯を食べたあと 彼女に デニーズから西中島まで送ってもらいました。

デニーズの駐車場で
R 「運転する?」
男 「免許取ってからずっと運転してなくて ペーパーなんだ。少しお酒飲んでるし・・・ でも、男が助手席はカッコ悪いよね (≧∀≦)」
R 「そんなことない。気にしないで」

西中島まではあっという間です。
すぐに男のマンションの前に着きました。

男 「僕 ここなんだ」
R 「ゴハン付き合ってくれてありがとう。楽しかった。おやすみなさい」

このまま別れたくなかった。
少しの沈黙。

顔を近づけると目を瞑る彼女 キスしました。
唇と唇が触れるだけの淡いキス。
心臓はバクバク。多分 男は震えていました。

男 「おやすみ」
R 「おやすみなさい」

男は スカイラインが見えなくなるまでそこに立っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日後、彼女の出勤を確認し お店に行きました。
時間は23時頃。
今日もデニーズデートがしたい。

R 「来てくれたの! ありがとう^_^」
男 「この前は楽しかったね^_^」
R 「ウン」

男 「また 待ってていいかな? 住友銀行の前で」
R 「いいの?」
男 「ウン」
R 「待ってて」

若くて可愛い娘揃いのこのお店の中でも 彼女の綺麗さは 一際目立っているようでした。
ヘルプで付いてくれた娘達が 揃って「十三に居る娘じゃない」って言ってましたから。
当然人気者で すぐに他の席に呼ばれて行ってしまいます。

彼女が戻ってきたときに

男 「お店 終わるの待ってるね」
R 「待ってて」

て言葉を交わしお店を出ました。

すぐに住友銀行前に着きました。
気持ちは 疑心暗鬼だった前回とは 全く違います。

楽しくて 嬉しくて ウキウキ ドキドキ。

通り過ぎる人達や車の 1人1人 1台1台 に
「オレはRちゃんを待ってるんだ!」
って言って回りたい気分でした。

白いスカイラインが見えました。
男は 自分の顔が自然と綻ぶのが分かりました。
目の前でスカイラインは止まり 男は 助手席に乗り込みます。

R 「待った?」
男 「待った!」
R 「ゴメンなさい (〃ω〃)」
男 「冗談 (*^ω^*)」

R 「行くね」
男 「ウン」

前回と同じデニーズ。
2回目は、何食べたっけ? 覚えていません。
何故か 初回の「ドリア」だけは鮮明に覚えています。

2回目のデートにして 男は 恋の真っ只中です。中学生の初恋よりも舞い上がっていました。どうやら この男も惚れっぽいようです。
まるで 何処かの誰かみたい ^_^


突然 彼女の口から

R 「お店には もう来ないで欲しいな」

男は凍りつきました。


・・・ 終わった。



R 「最初から ここで待ってて貰えない?」

終わったのではなさそう・・・でも?

男 「どうして?」
R 「お店の中の姿は見られたくない。お店のRじゃなくて、Rで会いたいの」

※ややこしくてすみません。彼女 お店の源氏名も本名もアルファベットだとRなのです。

男 「わかった。次から ここで待ってる」
R 「ありがとう」
この口コミへの応援コメント(23件中、最新3件)
応援コメントを送る
  • 輝rin(326)
    2018/12/05 10:13
    良いですね^^
    一気に読んでいる所為かな…完結篇に行こうっとw
  • エロスギ紳士(121)
    2018/11/24 09:34
    *゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...今後がめちゃくちゃ気になる新展開キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!
    確かに昔っから惚れやすいのですね(笑)
  • ろくのすけ(17)
    2018/11/22 10:41
    一瞬凍りついた…あとの一言!

    期待が膨らみますねぇ。

    お店の女の子が、お店の中の姿を見て欲しくない=素の私を見て欲しいの…ってことですよね。

    一度でいいからそんなこと言われてみたい!

    さてこの後の展開は…