女帝 口コミ風俗体験談 2013年02月03日03時47分|口コミ風俗情報局

No Photo
森 伊蔵(1)
    女帝 - 森 伊蔵の風俗体験談
    満足度や女の子の評価、サービス内容は投稿者の主観であり、特定のサービスを保障するものではありません。体験談の内容どおりのサービスを強要しないようにお願いいたします。
    店名女帝
    業種高級ソープランド/吉原
    投稿者森 伊蔵
    投稿日2013年02月03日
    ■料金(実際に支払った総額)
    120分 65000円(室料込)
    ■このお店の利用回数
    初めて
    ■受付からプレイ開始までの流れ
    吉原への出陣時は携帯電話を所持しません。なので、諸々の確認連絡が公衆電話から出来るかお店へ事前に問い合せます。この電話の応対が丁寧なお店は吉原では、ほぼ男性スタッフの接客に満足出来ます。
    当該店はフロント担当者の個人携帯番号を提供してくれ、とても親切な応対に感動しました。マニュアル通りではなく、臨機応変なサービスに好感です。
    この点をサービス業として評価したかったので、冒頭に余談を語らせてもらいました。
    さて、当日、ホームページから気になる泡姫を選び、お店に電話。最終案内を希望し予約完了。この時にNSかおっぱい等の泡姫の詳細を確認します。すべての質問に答えられるパーフェクトな電話応対です。
    送迎地点に案内30分前に到着し電話。10分位で送迎車が迎えに来ます。帰りのお客を降ろしてからの乗車です。一石二鳥方式です。アルファードの車内で泡姫たちの紹介DVDが流れてます。ドライバーさんと世間話。
    お店到着後、ドライバーさんを含む4人でお出迎え。フロント前で靴を脱ぎます。下足札を貰い、待合室に案内。待合室は高級感のある革張りソファーが並び、3人ほどお客がいました。
    上がり部屋も兼ねている様です。
    着席後、おしぼりとドリンクオーダーがすかさずに来ます。ドリンクが来て一服、指名泡姫の写真(2枚)を確認してからの総額料金徴収となります。この順序が高級店でもなかなか出来無いお店がありますが、当該店は合格です。
    予約時間キッチリに声がかかり、泡姫と対面です。
    対面は待合室を出て、右に曲がったらスグ。プレイルームの3階まで腕を組んで一緒に登ります。
    ■お相手の女性
    素晴らしいです。年齢、プロポーションともにホームページ通り。お化粧が濃いめですが、実物の方が断然とよかったです。
    ■今回の写真プロフィール信用度
    ☆5
     … 写真以上じゃん! サイコ~!
    ■プレイ内容
    プレイルームに到着後、スグに泡姫はベッドの横に座ります。階段を一緒に歩いている時から恋人気分モード全開なのでイチャイチャプレイの娘とスグに判ります。
    2人とも服を着たまま、キスを楽しみます。ジュニアは対面時からマックスです。お互いに服の上からあちこちを触りまくりながら優しいキスや激しいキスをしますが、ベロチュウがあまりありません。でも、耳舐めや首筋舐めを互いに愛撫します。完全に恋人プレイです。
    自分から「服を脱ぐよ」と囁くと、脱がせて貰います。畳んで籠に入れてくれていて、恋人プレイに夢中でも、服の扱いは丁寧でした。
    こっちはパンツ一丁で泡姫はまだ服を着たままプレイ再開。見つめ合いの瞬間が堪りません。雰囲気を作るのが上手な娘です。服を脱がしながら下着姿へ、ブラやパンティの上からも愛撫しまくり。泡姫の下着が汚れても平気な様です。
    こっちが泡姫を完全に上から下まで攻めてからのフェラに移行しました。仁王立ちフェラの要望もスグに受けてくれ、立ちながらのキス愛撫にも対応してくれました。
    ベッドに横になり、泡姫の花園をひたすら愛撫。反応や声のリアクションが演技だとしても素人を醸し出しています。顔の表情もそそります。
    受け入れ態勢万全になったところで「○れたい」を呟く。主導権は完全にこっちに任せる娘でもあります。
    S着となるのですがフェラをスゴクしてからの着用。着用動作もスムーズではありませんでした。
    ○○は騎乗位からがソープの基本と思っている私が寝ていると、仕方なくという感じで騎乗位で○れます。最初は騎乗位から正常位に程なく移行。やはりリードの出来無い娘と確認します。正常位~対面座位~立ちバック~バック~正常位で1回戦終了。Sを外すとナントそこでフェラ開始です。お掃除フェラというヤツです。プレイ中に脱いだ私のパンツも丁寧に畳む事も忘れていません。教育なのか心遣いか判りませんが、感心します。
    スグにシャワーで洗体。椅子でのプレイはありません。ただ洗うだけでした。シャワーの温度の確認がありませんでした。まぁ、どうでもいいですが。
    既にお湯の張られた湯船に浸かります。「一緒に入ろ」のリスストで泡姫と混浴。ちょっと湯船が狭いですが、潜望鏡が可能な背もたれが傾らかな湯船。2人でまたイチャイチャです。潜望鏡をしましたが「フェラして」とこっちが言わなければスルーされたでしょう。ここまで来るとワンパターンなフェラだとさすがに気づきます。ここではお湯の温度の確認がありました。5分位で泡姫からマットの有無を確認。「もちろん」と答えると、準備開始のために泡姫が湯船から上がりました。
    準備まで3分位。こっちは湯船に浸かりながら、ペットボトルの水をオーダーし、飲みながら待ちます。
    マットプレイですが、正直、上手ではありません。マット有無の確認した意味が分かりました。ローションの気持ちよさに誤魔化されているプレイです。マットでの○○も「危ない」という理由で拒まれました。残念です。ただ、驚かされたのは膝舐めと腰の骨盤舐めのローションでの快感さです。自分で開発したと言っていました。新たな性感帯を見つけられました。
    ○○がダメなので、手コキ、足コキ、フェラで抜いて貰いました。口内発射です。ゴックンはなしです。
    ローションを落としてベッドに移動。2人でドリンクを飲んでおしゃべりしていたら、1回戦に時間を消耗しすぎたせいか、3回戦の時間がありません。でも、おしゃべりしていても泡姫の可愛さとスタイルの良さでジュニアはマックス。時間まで完全受身のフェラをして貰いましたが、不発でシャワーです。
    シャワー浴びてる時も、服を着させて貰ってる時も、キスの応酬。キスが大好きなんだなぁ、と思いました。
    最終案内だったので、泡姫は帰宅用の私服に着替えました。些細な事でしたが、素を見せて貰った様な感じになり嬉しくなりました。
    名刺を貰って、アドレス交換。最初の対面場所までお見送り。最後に気持ちのこもったチュウでお別れでした。

    上がりは最初の待合室。同時に送迎車で帰るお客を待ちます。ドリンクオーダー後に、アンケートとアルバム閲覧です。5分位で送迎車乗車です。
    帰りの送迎車は4人同乗です。それぞれ違う送迎場所に迂回しながらの帰りとなりました。
    ■今回の総評
    お店の対応と泡姫のルックスは、かなり高い合格点です。満足出来ました。今回の泡姫に関しては次回指名するかは、恋人プレイ重視の娘だけに今後のメールのやりとりで決まるのでは。ソープ嬢らしいテクニックがあればかなり大満足な泡姫でした。プロ意識やテクニックを磨けば、更なるお客の開拓が出来て飛躍する娘です。もちろん、泡姫が飛躍を望んでいるかどうかですが。
    ホームページではルックスやスタイル面がピックアップされているので、写真とのギャップはあまりないお店なのでしょう。プレイスタイルは実際に入らないと解らないのかな?
    アルバム閲覧時に気になる泡姫が2人いました。お店にはまた必ず行きます。
    ■今回の満足度
    ☆5
     … サイコ~! 通っちゃう!
    ■このお店の良いところ
    男性スタッフの接客業としてのプロ意識が伝わりました。泡姫のラインナップの良さ。
    ■このお店の改善してほしいところ
    メンバーになる経緯の確認がスタッフより全くなかったので、確認して欲しい。泡姫から貰った名刺にメンバー専用の電話番号が掲示されていたので、帰宅してからメンバーになったと理解しました。もし、泡姫から名刺が貰えなかった時の事態を考えて、スタッフから「コンパニオンから名刺は頂きましたか?」のひとことがあれば。
    外装、フロント、待合室は豪華だが、プレイルームの室内内装はホームページからの文言からは期待できない。あと、上がり部屋があれば言うことなし。
    このお店の体験談一覧このお店のホームページ
    No Photo
      森 伊蔵
      女の子の好み
      ☆5
      若さ
      ☆3
      バスト
      ☆4
      ウエスト
      ☆4
      テクニック
      ☆4
      感度
      ☆2
      ラブラブ感
      ☆5
      トーク
      ☆4
      好きなプレイとか
      ソフトキス ディープキス 生フェラ 即尺 指入れ 素股 口内発射 ローション ローション風呂 マットプレイ 乳首舐められ 玉舐められ 全身舐められ OLスーツ Yシャツ
      その他の好み
      背がちょっと高くておっぱいが大好き♡もちろん天然の(*^^)v
      作られたおっぱいは大NGです。出来れば生派です。この2点は必ずお店に確認してます。
      [!]このページについて報告
      このページの先頭へ
      ページの先頭へ
      スクロールします